おすすめ買取業者を見る

山口県で不要な切手を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!切手買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
     
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    buysell
    + 詳細を見る
     
  3. 買取プレミアム
    ★★★★
    + 詳細を見る
     

切手の処分方法に困っていませんか?

  • 切手コレクターだった祖父の遺品整理で
    珍しい切手が出てきた
  • 趣味で切手を収集していたが飽きてしまった
  • 引っ越しに伴い、コレクションしていた切手を処分したい
  • 記念切手が発売される度に購入したが、
    結局使わないまま保管している
  • 自宅に大量の切手があるが使い切れなくて困っている
このような理由で、いらない切手の扱いに困っている、または遺品整理で昔の切手が沢山出てきたという経験がある方は多いでしょう。
もちろん切手ですので郵便物に使うことはできますが、それは単位が「円」である場合だけ。外国切手は日本で使うことができませんし、「銭」の単位の中には一部使用禁止になっているものもあります。

郵便局へ持って行って新しい切手やハガキに交換してもらうという手もありますが、交換には1枚につき5円(10円未満の場合は合計額の半額)の手数料がかかる上、返金や換金は行っていません。
仮に新しい切手と交換しても、一般家庭で手紙やゆうパックを出す頻度はそれほどないでしょうし、使い道があるかわからないものに手数料を払うのはもったいない気がします。
そして何より、古い切手の中には驚くほど希少価値が高いものも存在しますので、下手に交換するよりも売却した方が断然お得なのです。

では、切手を売りたい場合はどこへ持って行けばいいのか?
こちらでは、切手買取を行っているお店の比較とともに、高く売るコツをご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

山口県で切手を買い取ってくれるお店はどこ?

山口県内で不要な切手を売る場合、以下の4つが選択肢の候補として挙げられます。
金券ショップ オークション、フリマアプリ 切手買取専門店 どの方法を選択すれば一番お得か?
それぞれの特徴を細かくご紹介していきます。
  • 金券ショップで売る場合
    ★★
    切手を売りたい時、真っ先に思いつくのが金券ショップだと思います。よく商店街などで新幹線のチケットや商品券を格安で販売しているお店です。
    どの店舗へ持ち込んでも買い取りしてくれるので便利ですが、金券ショップは基本、シート綴りの普通切手でないと高価査定は出ません。
    というのも、金券ショップへ購入に来る人は通常よりも安く買いたいからであって、レアな切手を求めているわけでは無いからです。
    また、普通切手ならどのような用途にも使用できますが、記念切手やキャクター柄の切手はビジネスシーンで使いづらいため敬遠されがちで、それは大手金券ショップのレートを参考にすれば一目瞭然です。
    例えば全国にチェーン展開している大黒屋の場合は、普通切手シートのレート80~90%、記念切手シートのレート60~70%となっており、普通切手は100枚シート(額面1000円は20枚シート)、記念切手は10枚・20枚・50枚・100枚シートのみが対象で、ミニシートやバラなどは対象外となっています。
    また、金券ショップには切手を鑑定できる査定員が在籍していないため、中国切手などの希少価値のあるものでも買取不可、もしくは安価で買い取られる可能性があります。
  • オークション、フリマアプリで売る場合
    ★★
    オークションやフリマアプリは写真を撮って商品内容をアップするだけなので、自宅に居ながら簡単に売ることができます。しかも自分の言い値で出品できるため、成功すれば3つの中で最も高く売ることが可能です。
    しかし、これはあくまでオークションのシステムに詳しく、且つその切手の価値がわかっている場合に限ります。
    高く売りたいからといって商品に見合わない値段を設定しても誰も落札しませんし、逆にスタート金額を安く設定すると最悪それ以下で落札される可能性もあります。
    また、仮に売れてもそこからシステム手数料が発生しますし、送料込みの場合はその分も引かれてしまいます。その上、落札者とのやり取りや発送準備も行わないといけないので何かと面倒ですし、もしシミやキズを見落としていたら返品・クレームに繋がる可能性もあります。
    以上のことから、オークションやフリマアプリで売る場合は、切手の知識と出品経験が必要と覚えておきましょう。
    ですがそれは希少価値の高い切手に限ったことで、オークションやフリマアプリにはバラの切手やキャラクター柄の切手など、金券ショップでは買い取ってもらえないような品を探している人が結構いるので、そういった切手はここで売るのが一番良いでしょう。
  • 切手買取専門店で売る場合
    ★★★
    切手買取専門店はその名の通り、切手の買い取りを専門に行っている業者です。鑑定技術を持った査定員が明確に査定してくれますので、切手の知識が無くても安心して売ることができます。
    バラ切手1枚や消印のある切手でも買い取ってくれますし、お店によっては店頭買取の他に無料の出張買取や宅配買取を行っていますので、近隣にお店が無い場合でも簡単に査定に出すことができます。
    また、明治時代~昭和初期(戦前)に発行された切手は現存しているものが少ないため、状態の良い物やレアな額面、印刷ミスなどは10,000円~100,000円以上、ものによっては1枚で1000万円以上の価値が付くこともありますので、これらの切手や記念切手、特殊切手などは切手買取専門店で売るのが一番おすすめです。
    しかし、古い切手なら何でも高価買取してもらえるわけではなく、1960年以降に発行された切手には価値が付かないこともあります。
    これは何故かと言うと、1956年~1960年頃に起こった切手収集ブームの影響により流通量が多くなっているからで、この時期に発行された切手の大半は額面以上の価値が付く可能性は低いです。
    ですので、まずは一度無料査定してもらい、高価なものは買取、買取不可だったものは郵便局でまとめて新しい切手に交換してもらった後、金券ショップへ持ち込むのが最もベストな方法と言えます。

山口県が発行している切手について

やまぐちのふるさと切手

山口県では、ふるさと切手ということで、地方自治法施行60周年記念切手シリーズが販売されています。この切手は、山口県の下関、山口だけではなくて、全国の47都道府県をモチーフにしたものが販売されているのです。それぞれの街の文化や自然、観光、歴史などを十分に加味したものとなっており、切手のデザインとして相応しいものとなっています。錦帯橋(きんたいきょう)と秋吉台、白壁の町並みと金魚ちょうちん、松下村塾(しょうかそんじゅく)と夏みかん、角島大橋といったものがデザインされているのです。いずれも情景が見事に切手の図柄として成立しています。この中でも、角島大橋は、山口県の下関市にある橋で、景観がとても良い場所して人々からも親しまれているということです。こうした数多くの地をモデルとして、切手が販売されているというわけです。こうした切手を眺めているだけでも、その地に行きたいという気持ちになること間違いなしといっても良いでしょう。

山口市の記念切手

山口県の山口市では、12月、山口市はクリスマス市になる。という、オリジナルフレーム切手が販売されています。販売は、2016年の12月1日で販売部数は1000シートとなっています。1シートは82円切手10枚で構成されており、シート単位での販売となっています。山口県は、西の京として栄華を誇っていました。そんな時代、1552年にザビエルがキリストの布教の願いを寛容に受け入れたという歴史を記念して作られたものということで誕生したものです。切手のデザインにはフランシスコザビエル像であったり、山口大学クリスマスツリーであったり、SLクリスマス号などをはじめとしたものがモチーフとなりデザインされています。いずれも十分な歴史を感じられるものとなっており、現地に赴いてみたいと思えるようなものに仕上がっています。こうした記念になる、価値のあるようなものが、山口県では販売されているというわけです。

山口県にて発行されている切手について

切手のモデルになった施設や建物について

切手のモデルになった施設や建物


山口県の下関にある角島大橋は、地域限定で販売されている切手のモデルとなっている橋です。2000年の11月3日に開通された橋となっており、角島観光のシンボル的な存在とも言われているものです。山口県の中でも絶景と呼べるこの橋ですが、エメラルドグリーンの海、そして島と島を結ぶ美しい風景を目の当たりに出来るのです。写真を撮影するのにはもってこいのスポットだと言っても良いでしょう。橋といえば、通行料がかかることもありますが、この橋に関してはそれがかかることはありません。沖縄県の古宇利橋に次ぐ長さとなっています。近くにはリゾートホテルもあるのですが、そこからもまた、角島大橋を一望できるようになっています。そうした魅力的な橋の風景が切手に使われているわけですか。一目見たら、思わず実物を見に行きたくなるくらいにそれが伝わってくるのが素敵なところです。山口を訪れたときには行ってみて損をすることはないかと思われます。

山口サビエル記念聖堂


山口県の記念切手のモデルに、山口ザビエル記念聖堂と呼ばれるものがあります。これは、山口市にあるもので、1952年にザビエル来日400年記念として建築されたものです。一度、1991年に火事によって消失してしまったのですが、イエズス会の資金援助、ならびに全国から寄せられた募金によって、1998年に再建されることになったのです。再建された記念聖堂は、53メートルにもなる2本の塔、そしてテントを模した大きな屋根が全体を覆うようになっています。これは、ザビエルを記念するだけではなくて、現代の人たちに神様のことを強く思い出させるような形を意識しているとのことです。当時は聖堂の姿に慣れ親しんできた市民からは当初異論が起こったのですが、現在ではすっかりと受け入れられたこともあって、山口を代表する観光地として人気を博しているのです。切手でも、その圧倒的な存在感は健在で、一度見ただけで行ってみようという気持ちにさせられるのです。