おすすめ買取業者を見る

切手を売りたい方必見!
国体切手を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

国体切手を高く売るコツとは?

国体切手は、美品・未使用の状態で残っているものが少ないので、状態がよければ、さらに高額査定を期待することができます。
もし手元に古い年代の国体切手がある場合は、保管方法に気をつけるようにしましょう。
切手の素材は紙であるため、湿気は大敵です。
湿度の高いところでの保管は避けるようにしましょう。
また、直射日光が当たる場所だと色褪せする場合がありますので、日の当たる場所も避けるのが無難です。
保管方法としては、切手用のファイルで保管しておくのがベストですが、なければ、クリアファイルを代用するのもオススメです。
折れたり、破れたりした状態だと、買取価格が大幅に下がってしまうケースがありますので、高額査定を狙うためにも、普段からこのようなことを心がけておくといいですね。


国体切手の買取相場とは?

国体切手で、もっとも希少価値が高く高値で取引されるのが、第5回のものです。
この切手は、1950年10月28日に100万枚発行されました。
前年までは80枚1シートとして発行されていましたが、この年からは20枚1シートに。
発行枚数が少なかったこと、郵便用に利用された切手が多かったことなどが要因となり、美品・未使用のものが少ないため、現在では”超”がつくほどのプレミアム切手になっています。
その他にも第2回大会から第6回大会あたりの初期の国体切手であれば、第5回のものほどではありませんが、プレミアム切手の部類にあたりますので高額査定が期待できます。

イチオシ!切手買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • 他店で断られたどんな切手でもOK
    • 大量のバラ切手でも仕分けは不要
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 宅配キット無料
    • 着物やブランド品・骨董品などと組み合わせてお申し込みの場合は買取金額10%アップ!
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    「他店より1円でも高く買い取る」をモットーに掲げる『福ちゃん』。
    大御所芸能人の中尾彬さんをイメージキャラクターに、「買取額は切手専門店にも負けません!」と豪語しているあたり、切手買取にかなりの自信を持っている様子が伺えます。
    事実、『福ちゃん』を運営する株式会社REGATEは平成26年設立という比較的新しい会社ながらも、切手買取の比較・口コミサイトでは常に3位以内をキープ、「予想以上に高く買い取ってもらえた」「女性オペレーターが親切・丁寧だった」などの評判が大多数を占めています。
    また、他店で値段がつかないと断られた切手でも積極的に買い取りしており、着物やブランド品数点とまとめて売れば買取金額が10%アップする特典も嬉しいですね。切手はレアな物だと1枚100,000円以上になることもありますから、これは絶対に利用すべきでしょう!
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    buysell
    • 申し込みから最短30分で訪問
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却
    • 女性査定員在籍(女性のお客様のみ、指名が可能)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 折れや変色があっても大丈夫
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送a時の送料はお客様負担(着払い)
    タレントの坂上忍さんが出演するテレビCMで一躍有名となった『バイセル(旧スピード買取.jp)』は、その名の通り圧倒的なスピード査定を誇る会社です。
    365日・24時間受付、タイミングが良ければお問い合わせから最短30分で出張買取が可能という圧倒的な速さを売りにしています。
    もちろん速いだけでなく、専門の鑑定士による的確で丁寧な査定によって他店よりも高価買取が望めます。
    また、女性のお客様に限り、女性の査定員を指名できるというのも高ポイントですね。これなら一人暮らしで不安な方でも安心して出張買取を依頼できます。
    折れや変色といった買取不可に繋がりやすい切手でも問題ないそうなので、他店で満足できる査定額が出なかった場合は、一度バイセル(旧スピード買取.jp)で査定してもらうと良いでしょう。
  3. ウルトラバイヤープラス
    ★★★★
    • 女性スタッフ多数在籍
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • シミ汚れがあっても買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合もあり
    • 遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイス
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間
    入金方法 出張買取・店頭買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    ウルトラバイヤープラスは家にある物ほとんどが買取対象なため、切手買取限定の口コミよりも他の品との総合的な口コミが多いと感じました。
    そして品数が多い分、担当する査定員には当たり外れが多いみたいで、親切丁寧な査定員もいれば、知識が薄い査定員やメイクの濃い査定員などもいるみたいです。
    またスタッフの対応についても、出張買取の予約が取れていなかったという口コミが2件ほどありましたが、基本的にはスムーズに対応してくれるそうなのでそれほど気にする必要はないと思います。
    切手買取の価格に関しては全く悪い評価がなく、むしろ処分しようと思っていたボロボロの切手まで高く買い取ってもらえたという口コミもありました。
    しかし切手買取限定の口コミはまだ少ないため、高価査定に対する評判は未知数と言えます。
    評判から察するに買取価格は決して低くないので、まずは無料査定を申し込み、理想通りの価格ならばそのまま買取依頼、思ったより高くないのであれば相見積もりを取ることをおすすめします。

国体切手の豆知識

国体切手とは?

国体切手は、毎年開催される国民体育大会(通称:国体)を記念して毎年発行される切手です。
2017年は、「第72回国民体育大会(愛媛県)」が発行されています。
82円切手が10枚1シートになっており、剣道、重量上げなど実施される種目や、しまなみ海道、道後温泉など愛媛県ならではのイラストが描かれています。
この国体切手が発行されるようになったのは、1946年の第1回大会からではなく、翌年に開催された第2回大会からです。
それ以降毎年発行されている国体切手ですが、その中で最も高額で取引される人気の切手と言えば、第5回大会の切手です。
第5回国民体育大会の開催地は愛知県で、初めてトーチが点火されたこともあり、大きな盛り上がりを見せました。
また、第5回の国体切手から、1シートの切手の枚数が80枚から20枚に変更されたのも、プレミアム切手になった一因かもしれません。
枚数が減ったことで、多くの方々が気軽に購入できるようになり、郵便用としても多く使われたため、未使用で現存しているものが少ないからなのです。
さらにもともとの発行数自体もそこまで多くなかったため、4種田形であれば18000円程度、横4連の場合でも1万円以上の高額査定となります。

ふるさと切手とは?

国体切手は、現在ふるさと切手として発行されています。
ふるさと切手として発行されるようになったのは、1989年から1991年の第44~46回分、2002年の第57回大会以降の分からです。
では、”ふるさと切手”とはいったいどういうものか、歴史を見ていきましょう。
ふるさと切手は1989年に誕生しました。
当時の竹下内閣による「ふるさと創生」政策から誕生した切手で、地方の活性化を図るために、地域に密着した郵便局の新サービスとしてつくられました。
郵便組織は、13の地方郵政組織に分かれているのですが、各支店がその地域ならではの観光スポットや行事などをその切手の図柄として採用し、その地域の郵便局のみで販売するというのがこの切手の特徴です。
また、図柄として採用される原画については、その地域に縁のある画家やイラストレーター、その地域の美術教師が手掛けている場合がほとんどです。
現在、この切手の人気が高まり、全国の地方郵便局などでも、在庫があれば購入することができるようになっています。

プレミアム切手5選

第2回 国体切手
国体切手としてはじめて発行されたのがこの切手です。1947年に石川県で開催された第2回国民体育大会を記念して発行されました。ハードル、飛び込み、円盤投げ、バレーボールの4つの競技が図柄として採用されています。この4種が揃った田形シートであれば、さらに高額査定が期待できます。
第3回 国体切手
1948年に福岡県で開催された第3回国民体育大会を記念して発行されました。短距離走、走り高跳び、野球、自転車の4つの競技が図柄として採用されています。また、セットではなく、単片の切手として、水泳の競技が図柄に採用されている切手も存在します。
額面は全て5円で、田形シートの場合だと、買取価格は額面の100倍以上になることもあります。
第4回 国体切手
1949年に東京都で開催された第4回国民体育大会を記念して発行されました。この年は、夏季大会、秋季大会、冬季大会と全7種類の切手が存在します。そのうち、秋季大会のものだけ、やり投げ・ヨット・リレー・テニスと4つの競技が描かれた田形シートになっており、その他は全て単片で発行されています。秋季大会の田形シートであれば、プレミアム切手になりますので、高価買取が期待できます。
第5回 国体切手
1950年に愛知県で開催された第5回国民体育大会を記念して発行されました。国体切手の中で最も高額査定がつくのがこの大会のものです。この年から1シート80面から20面に変更されており、4枚田形であれば、18000円程度の買取相場となります。未使用・美品であればさらに高額査定を狙えるかもしれません。
第6回 国体切手
1951年に広島県で開催された第6回国民体育大会を記念して発行されました。国体切手はこの年から、2種類で発行されるようになりました。図柄に採用されている競技は砲丸投げとホッケーです。第5回大会のものと比較すると、査定額はかなり低くなりますが、シートであればバラよりも高額査定を狙うことができます。

発行枚数の少ない年代の国体切手を見つけたら切手買取専門店で査定を
超プレミアム切手である第5回 国体切手を1円でも高く売るには、買取してくれる業者選びが重要です。

どんなに価値のある切手でも、査定を行う鑑定士がその知識をもっていなければ、高額査定につながる可能性がかなり低くなってしまいます。

そうならないためにも、切手の知識に長けている鑑定士に査定をしてもらいましょう。

また、自分自身も切手の価値を知っておくと、提示された買取額が妥当なのかどうか判断することができますね。