おすすめ買取業者を見る

香川県で不要な切手を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!切手買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
     
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    buysell
    + 詳細を見る
     
  3. 買取プレミアム
    ★★★★
    + 詳細を見る
     

切手の処分方法に困っていませんか?

  • 切手コレクターだった祖父の遺品整理で
    珍しい切手が出てきた
  • 趣味で切手を収集していたが飽きてしまった
  • 引っ越しに伴い、コレクションしていた切手を処分したい
  • 記念切手が発売される度に購入したが、
    結局使わないまま保管している
  • 自宅に大量の切手があるが使い切れなくて困っている
このような理由で、いらない切手の扱いに困っている、または遺品整理で昔の切手が沢山出てきたという経験がある方は多いでしょう。
もちろん切手ですので郵便物に使うことはできますが、それは単位が「円」である場合だけ。外国切手は日本で使うことができませんし、「銭」の単位の中には一部使用禁止になっているものもあります。

郵便局へ持って行って新しい切手やハガキに交換してもらうという手もありますが、交換には1枚につき5円(10円未満の場合は合計額の半額)の手数料がかかる上、返金や換金は行っていません。
仮に新しい切手と交換しても、一般家庭で手紙やゆうパックを出す頻度はそれほどないでしょうし、使い道があるかわからないものに手数料を払うのはもったいない気がします。
そして何より、古い切手の中には驚くほど希少価値が高いものも存在しますので、下手に交換するよりも売却した方が断然お得なのです。

では、切手を売りたい場合はどこへ持って行けばいいのか?
こちらでは、切手買取を行っているお店の比較とともに、高く売るコツをご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

香川県で切手を買い取ってくれるお店はどこ?

香川県内で不要な切手を売る場合、以下の4つが選択肢の候補として挙げられます。
金券ショップ オークション、フリマアプリ 切手買取専門店 どの方法を選択すれば一番お得か?
それぞれの特徴を細かくご紹介していきます。
  • 金券ショップで売る場合
    ★★
    切手を売りたい時、真っ先に思いつくのが金券ショップだと思います。よく商店街などで新幹線のチケットや商品券を格安で販売しているお店です。
    どの店舗へ持ち込んでも買い取りしてくれるので便利ですが、金券ショップは基本、シート綴りの普通切手でないと高価査定は出ません。
    というのも、金券ショップへ購入に来る人は通常よりも安く買いたいからであって、レアな切手を求めているわけでは無いからです。
    また、普通切手ならどのような用途にも使用できますが、記念切手やキャクター柄の切手はビジネスシーンで使いづらいため敬遠されがちで、それは大手金券ショップのレートを参考にすれば一目瞭然です。
    例えば全国にチェーン展開している大黒屋の場合は、普通切手シートのレート80~90%、記念切手シートのレート60~70%となっており、普通切手は100枚シート(額面1000円は20枚シート)、記念切手は10枚・20枚・50枚・100枚シートのみが対象で、ミニシートやバラなどは対象外となっています。
    また、金券ショップには切手を鑑定できる査定員が在籍していないため、中国切手などの希少価値のあるものでも買取不可、もしくは安価で買い取られる可能性があります。
  • オークション、フリマアプリで売る場合
    ★★
    オークションやフリマアプリは写真を撮って商品内容をアップするだけなので、自宅に居ながら簡単に売ることができます。しかも自分の言い値で出品できるため、成功すれば3つの中で最も高く売ることが可能です。
    しかし、これはあくまでオークションのシステムに詳しく、且つその切手の価値がわかっている場合に限ります。
    高く売りたいからといって商品に見合わない値段を設定しても誰も落札しませんし、逆にスタート金額を安く設定すると最悪それ以下で落札される可能性もあります。
    また、仮に売れてもそこからシステム手数料が発生しますし、送料込みの場合はその分も引かれてしまいます。その上、落札者とのやり取りや発送準備も行わないといけないので何かと面倒ですし、もしシミやキズを見落としていたら返品・クレームに繋がる可能性もあります。
    以上のことから、オークションやフリマアプリで売る場合は、切手の知識と出品経験が必要と覚えておきましょう。
    ですがそれは希少価値の高い切手に限ったことで、オークションやフリマアプリにはバラの切手やキャラクター柄の切手など、金券ショップでは買い取ってもらえないような品を探している人が結構いるので、そういった切手はここで売るのが一番良いでしょう。
  • 切手買取専門店で売る場合
    ★★★
    切手買取専門店はその名の通り、切手の買い取りを専門に行っている業者です。鑑定技術を持った査定員が明確に査定してくれますので、切手の知識が無くても安心して売ることができます。
    バラ切手1枚や消印のある切手でも買い取ってくれますし、お店によっては店頭買取の他に無料の出張買取や宅配買取を行っていますので、近隣にお店が無い場合でも簡単に査定に出すことができます。
    また、明治時代~昭和初期(戦前)に発行された切手は現存しているものが少ないため、状態の良い物やレアな額面、印刷ミスなどは10,000円~100,000円以上、ものによっては1枚で1000万円以上の価値が付くこともありますので、これらの切手や記念切手、特殊切手などは切手買取専門店で売るのが一番おすすめです。
    しかし、古い切手なら何でも高価買取してもらえるわけではなく、1960年以降に発行された切手には価値が付かないこともあります。
    これは何故かと言うと、1956年~1960年頃に起こった切手収集ブームの影響により流通量が多くなっているからで、この時期に発行された切手の大半は額面以上の価値が付く可能性は低いです。
    ですので、まずは一度無料査定してもらい、高価なものは買取、買取不可だったものは郵便局でまとめて新しい切手に交換してもらった後、金券ショップへ持ち込むのが最もベストな方法と言えます。

香川県の切手についてのご紹介していきます

香川県の切手について

香川県では、地方自治法施行60周年記念シリーズという切手が販売されています。この切手は、地方自治法施行60周年を記念として発行されているものです。都道府県ごとに発行されているものではありますが、文化・観光・自然・歴史などを踏まえたうえでのものに仕上がっています。香川県には、高松市や丸亀市といった地域がありますが、それらについても知ることが出来るものが描かれています。

切手のデザインについて

この60周年記念切手には、栗林公園、平賀源内・エレキテル、丸亀城、琴弾公園、オリーブなどが描かれています。栗林公園は、四国で唯一の特別名勝として指定されており、400年にも及ぶ歴史を誇るとされる、江戸初期の回遊式大名庭園として知られています。1953年には、文化財保護法によって、国の特別名勝に指定されています。平賀源内といえば、エレキテルを発明したことにより知られています。さぬき市にて生まれ、さまざまなことに対して活動をしていました。丸亀城は、丸亀市のシンボルとして知られているところで、江戸時代初期に築城されたものです。全国に現存している木造天守12城のひとつとして知られています。三層三階の独立式木造天守は重要文化財にも指定されるほどのものです。琴弾公園は、瀬戸内海国立公園としても知られるもので、国の名勝に指定されているものです。園内には有明浜の白砂に描かれた寛永通宝があって、それはとても巨大なものであり、琴弾山の頂から見ると、とてもきれいな円形に見えるとのことです。そして、オリーブは香川県の花・木として知られており、全国の生産量の95%を占めるものとなっています。オリーブが根付き、栽培が成功したのは香川県の小豆島だけであって、日本のオリーブの栽培はここからはじまったとされているのです。シートの背景には瀬戸内海が写されています。世界に知られるようになったのは19世紀ごろとされており、そこに訪れた欧米人がその美しさを賞賛したのがスタートとされています。

香川県の切手の種類などについて

切手について知っておきたいあれこれなど

50円切手で海外に手紙を出すことができるの?


海外といえば、エアメールを使うことになりますから、それなりにお金がかかるのが相場というものです。普通のはがきでも数百円は見ておかなければならない場合もあることでしょう。ですが、海外であっても50円切手でもあれば郵便を出すことができる場所があるのです。それは、南極です。南極といえば、かなりの距離があるわけですが、どうしてそんなところに50円で郵便物を出すことができるのかというと、南極観測船しらせという日本の船を使って運ぶからです。だからこそ、国内料金が反映されているというわけです。年に1回日本と南極を往復する南極観測船のしらせの船内には郵便局がありますし、南極の昭和基地の中にもまた、郵便局があるのです。1983年には記念切手が発行されているのですが、これに関連する記念カバーは現在でも高値で取引がされているとのことです。もしも持っていたら大事にすることをお勧めしたいです。

日本の切手のデザイナーは5人だけ?


日本においては、実は年間で40種類もの切手が発行されているのですが、そのデザインを担っているのは、日本郵便にいる切手デザイナーという人たちです。このデザイナーによって手書きがされており、写真を参考にしている場合、あるいは本物をスケッチする場合とがあるとのことです。この切手のデザインですが、やはりひとつのものが出来上がるまでには時間がかかってきます。その期間は実に6ヶ月もかかるといわれているのです。ちなみに、この切手についてですが、もともとは切手手形と呼ばれていたことが知られています。それが略されることによって、切手と称されるようになったのです。たくさんの切手が発行されていることに対して、たったの5人しかデザイナーがいないということは驚きではないでしょうか。もっとも、イベント的にいろんな経由で切手も発行されることがあるため、それほど多くの人員も切手作成には必要ないのかもしれません。