おすすめ買取業者を見る

和歌山県で不要な切手を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!切手買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
     
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    buysell
    + 詳細を見る
     
  3. 買取プレミアム
    ★★★★
    + 詳細を見る
     

切手の処分方法に困っていませんか?

  • 切手コレクターだった祖父の遺品整理で
    珍しい切手が出てきた
  • 趣味で切手を収集していたが飽きてしまった
  • 引っ越しに伴い、コレクションしていた切手を処分したい
  • 記念切手が発売される度に購入したが、
    結局使わないまま保管している
  • 自宅に大量の切手があるが使い切れなくて困っている
このような理由で、いらない切手の扱いに困っている、または遺品整理で昔の切手が沢山出てきたという経験がある方は多いでしょう。
もちろん切手ですので郵便物に使うことはできますが、それは単位が「円」である場合だけ。外国切手は日本で使うことができませんし、「銭」の単位の中には一部使用禁止になっているものもあります。

郵便局へ持って行って新しい切手やハガキに交換してもらうという手もありますが、交換には1枚につき5円(10円未満の場合は合計額の半額)の手数料がかかる上、返金や換金は行っていません。
仮に新しい切手と交換しても、一般家庭で手紙やゆうパックを出す頻度はそれほどないでしょうし、使い道があるかわからないものに手数料を払うのはもったいない気がします。
そして何より、古い切手の中には驚くほど希少価値が高いものも存在しますので、下手に交換するよりも売却した方が断然お得なのです。

では、切手を売りたい場合はどこへ持って行けばいいのか?
こちらでは、切手買取を行っているお店の比較とともに、高く売るコツをご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

和歌山県で切手を買い取ってくれるお店はどこ?

和歌山県内で不要な切手を売る場合、以下の4つが選択肢の候補として挙げられます。
金券ショップ オークション、フリマアプリ 切手買取専門店 どの方法を選択すれば一番お得か?
それぞれの特徴を細かくご紹介していきます。
  • 金券ショップで売る場合
    ★★
    切手を売りたい時、真っ先に思いつくのが金券ショップだと思います。よく商店街などで新幹線のチケットや商品券を格安で販売しているお店です。
    どの店舗へ持ち込んでも買い取りしてくれるので便利ですが、金券ショップは基本、シート綴りの普通切手でないと高価査定は出ません。
    というのも、金券ショップへ購入に来る人は通常よりも安く買いたいからであって、レアな切手を求めているわけでは無いからです。
    また、普通切手ならどのような用途にも使用できますが、記念切手やキャクター柄の切手はビジネスシーンで使いづらいため敬遠されがちで、それは大手金券ショップのレートを参考にすれば一目瞭然です。
    例えば全国にチェーン展開している大黒屋の場合は、普通切手シートのレート80~90%、記念切手シートのレート60~70%となっており、普通切手は100枚シート(額面1000円は20枚シート)、記念切手は10枚・20枚・50枚・100枚シートのみが対象で、ミニシートやバラなどは対象外となっています。
    また、金券ショップには切手を鑑定できる査定員が在籍していないため、中国切手などの希少価値のあるものでも買取不可、もしくは安価で買い取られる可能性があります。
  • オークション、フリマアプリで売る場合
    ★★
    オークションやフリマアプリは写真を撮って商品内容をアップするだけなので、自宅に居ながら簡単に売ることができます。しかも自分の言い値で出品できるため、成功すれば3つの中で最も高く売ることが可能です。
    しかし、これはあくまでオークションのシステムに詳しく、且つその切手の価値がわかっている場合に限ります。
    高く売りたいからといって商品に見合わない値段を設定しても誰も落札しませんし、逆にスタート金額を安く設定すると最悪それ以下で落札される可能性もあります。
    また、仮に売れてもそこからシステム手数料が発生しますし、送料込みの場合はその分も引かれてしまいます。その上、落札者とのやり取りや発送準備も行わないといけないので何かと面倒ですし、もしシミやキズを見落としていたら返品・クレームに繋がる可能性もあります。
    以上のことから、オークションやフリマアプリで売る場合は、切手の知識と出品経験が必要と覚えておきましょう。
    ですがそれは希少価値の高い切手に限ったことで、オークションやフリマアプリにはバラの切手やキャラクター柄の切手など、金券ショップでは買い取ってもらえないような品を探している人が結構いるので、そういった切手はここで売るのが一番良いでしょう。
  • 切手買取専門店で売る場合
    ★★★
    切手買取専門店はその名の通り、切手の買い取りを専門に行っている業者です。鑑定技術を持った査定員が明確に査定してくれますので、切手の知識が無くても安心して売ることができます。
    バラ切手1枚や消印のある切手でも買い取ってくれますし、お店によっては店頭買取の他に無料の出張買取や宅配買取を行っていますので、近隣にお店が無い場合でも簡単に査定に出すことができます。
    また、明治時代~昭和初期(戦前)に発行された切手は現存しているものが少ないため、状態の良い物やレアな額面、印刷ミスなどは10,000円~100,000円以上、ものによっては1枚で1000万円以上の価値が付くこともありますので、これらの切手や記念切手、特殊切手などは切手買取専門店で売るのが一番おすすめです。
    しかし、古い切手なら何でも高価買取してもらえるわけではなく、1960年以降に発行された切手には価値が付かないこともあります。
    これは何故かと言うと、1956年~1960年頃に起こった切手収集ブームの影響により流通量が多くなっているからで、この時期に発行された切手の大半は額面以上の価値が付く可能性は低いです。
    ですので、まずは一度無料査定してもらい、高価なものは買取、買取不可だったものは郵便局でまとめて新しい切手に交換してもらった後、金券ショップへ持ち込むのが最もベストな方法と言えます。

世界遺産多数!和歌山県のふるさと切手とオリジナルフレーム切手

和歌山県のふるさと切手

1989年から販売されているふるさと切手は、最初は「地方切手」と呼ばれていました。しかし、切手収集家たちが「ふるさと切手」と呼んでいたため、ふるさと切手という呼び方が浸透して現在は正式名称になったのです。
そんなふるさと切手として販売されている「地方自治法施行60周年記念シリーズ」は、地方自治法施行から60周年の節目を記念して作られました。このシリーズの和歌山県の切手は、平成27年に82円切手として500万枚販売されています。シートは、伊都郡にある高野山の奥の院を背景に作られています。そして切手には、高野山の壇上伽藍、和歌山市にある和歌山城、西牟婁郡にある白良浜、東牟婁郡にある橋杭岩、同じく東牟婁郡にある那智の滝が描かれているのです。
その他には、平成4年に発行されたふるさと切手、「熊野古道」があります。熊野古道は、田辺から熊野本宮を繋ぐ中辺路、同じく田辺から海岸線沿いを那智・新宮へと繋ぐ大辺路、そして高野山から熊野本宮へ向かう小辺路が「熊野参詣道」として、なんと世界遺産に登録されているのです。そんな名所がふるさと切手に描かれ販売されました。
さらにふるさと切手には、1990年に販売された、「ふるさと都道府県の花シリーズ」というものもあります。このシリーズでは、和歌山県はウメの花がふるさとの花として描かれています。またこのシリーズは、47都道府県の花47種の切手が一つのシートになっている連刷シートも販売されました。
このほかにも和歌山県にちなんだふるさと切手は多く販売されています。

和歌山県で買えるオリジナルフレーム切手

オリジナルフレーム切手は、自分のお気に入りの写真やイラストを使って切手シートが作れるサービスです。大手企業が広告用として作成し販売することもあります。その中でも、「よしもと西梅田劇場オープン記念」切手が、和歌山市の和歌山中央局にて販売されました。
その他にも、田辺市、新宮市、那智勝浦町、白浜町、上富田町、すさみ町、古座川町、串本町、太地町、北山村にある全郵便局で「熊野那智大社 御創建一千七百年」が販売されています。
また2016年より放送されたNHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」のオリジナルフレーム切手も和歌山中央局にて販売されました。
各メディアがオリジナルフレーム切手によってその作品や場所をアピールできる一つの手段になっているのです。

種類豊富な切手の数々【和歌山版】

歴史の深い、切手のモデルとなった和歌山県の名所

切手モデル①和歌山城


ふるさと切手の一つで、「地方自治法施行60周年記念シリーズ」の和歌山県バージョンには、和歌山城が描かれています。和歌山城は和歌山県和歌山市に位置しており、1585年、豊臣秀吉が、弟の秀長に築城させました。徳川御三家の一つとして、長きにわたって歴史を作ってきた城です。
和歌山城の周りにある石垣には、紀州特産である「青石」が使われています。また石垣の積み方も時代に伴って変化しています。創建時に積まれた石垣は、乱雑にも見える「野面積み」。そして門をくぐり城の敷地内に入ると、大きな石と石の間に小石をつめた「打ち込みハギ」へと変わっていきます。そしてさらに進むと、江戸時代に積まれた美しい「切り込みハギ」になるのです。時代とともに変化してきた石垣には、約170種類2100個以上の刻印が刻まれています。和歌山城に行った際には、石垣の刻印を見ながら歩くのも楽しみ方の一つです。
そんな和歌山城は虎伏山にそびえたっていて、その天守閣からは市街地を一望することができます。そして現在の天守閣は1958年に再建されたもので、徳川家ゆかりのものが展示されているのです。和歌山県の市街地を一望できることから、和歌山を観光するときはまずは和歌山城に行くのがおすすめです。

切手モデル②熊野古道


和歌山県内で世界遺産に登録されている「熊野古道」は、1990年にふるさと切手に描かれて販売されました。
熊野古道にはいくつかのルートがあり、中辺路、大辺路、小辺路の3つの道が「熊野参詣道」として世界遺産に登録されているのです。和歌山県田辺市は、中辺路と大辺路の分岐点にあたります。そして、中辺路の多くの部分が田辺市に位置しています。
その中でも最も多くの参詣者が歩いたとされているのが中辺路です。中辺路は、和歌山県田辺市から熊野本宮へ向かう道です。中辺路の多くの部分は険しい道となっていて、それを乗り越えると熊野本宮大社にたどり着きます。
この熊野古道の中辺路は、現在田辺市がウォーキングコースを提案していて、未だ多くの人が歩いています。