おすすめ買取業者を見る

切手を売りたい方必見!
沖縄切手を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!切手買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
     
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    buysell
    + 詳細を見る
     
  3. 買取プレミアム
    ★★★★
    + 詳細を見る
     

沖縄切手を高く売るコツとは?

沖縄切手で、高値で取引される切手をご紹介します。
沖縄切手は、沖縄がアメリカの統治下にあった時代につくられた切手であるため、額面の表記が「¢(セント)」になっているものも多く存在します。
「¢(セント)」と表記されている切手の中でも「琉球郵便 沖縄西表政府立公園 4¢」は、高額取引される切手の代表格です。
4¢(セント)は現在の日本円に換算すると4円ですが、この切手は数万円以上の値がつくこともあるプレミアム切手です。
また、第一次普通切手と呼ばれる普通切手の場合だと、全7種類揃ったものであれば、3万円以上の高値が付きます。
このようにシリーズ化されていたり、その他の種類が存在したりする切手に関しては、全種類まとめて買取してもらうと、さらに高価買取を狙えそうですね。

沖縄切手の買取相場とは?

沖縄切手のシートの買取相場は、シート内の切手の枚数によっても変わってきますが、人気度がそこまで高くない種類だと、高くても1シート1000円で、それを下回るケースがほとんどです。
切手買取は、普通だとバラよりもシートの方が高価買取されるケースが多いのですが、沖縄切手は例外と言っていいでしょう。
沖縄切手はコレクターが多いため、バラでも300円の高値がつくことがしばしばあります。
普通切手の買取だと、換金率は高くても90%なので、その点からも沖縄切手の人気ぶりがよくわかります。
コレクターにとって、切手の額面と切手の価値はイコールではないため、このような差が生まれてしまうのでしょう。
また、「不発行切手」と呼ばれる、“切手としては世に出回らなかった切手”もいくつか存在し、その希少価値から高値で取引されています。

沖縄切手の豆知識

沖縄切手とは?

1945年から1972年までアメリカの統治下にあった沖縄。
その期間に発行された切手を、沖縄切手もしくは琉球切手と呼びます。
沖縄切手と琉球切手は同じ意味で使われることがほとんどですが、厳密に言うと2つの呼び名で意味が違う場合もあります。
沖縄切手はコレクターの間で人気の高いジャンルになるのですが、その理由は次の2つが考えられます。
1つ目は沖縄文化が色濃く反映された独自性の高いデザインであること、2つ目は現在発行されていない種類の切手が多数あり、希少価値も高いということです。
バラでも1枚1万円を超える買取価格で取引されることもあるこの沖縄切手ですが、「沖縄切手は価値が低い」と言われる方もいらっしゃいます。
その原因となっているのは、沖縄切手が廃止される前の数年間、投機目的で大量購入する人が後を絶たなかったためです。
その影響で沖縄切手の価格は大暴落した時期もありましたが、現在ではその価値も回復しています。

第一次普通切手とは?

沖縄の第一次普通切手は全7種類で、初版と再版があります。
初版は1948年に、再販は1949年に発行されています。
買取額の面で見ると、初版と再版で大きな差があり、初版で7枚全種類揃っていれば7万円の値がつくこともあるくらい希少な切手です。
一方、再販で7枚全種類揃っている場合は、美品でも買取額が2500円程度のため、その差は歴然です。
では、初版と再版の見分け方をご紹介します。
まずは色ですが、初版はグレーがかった色で、再販は白色です。
目打ちの粗さで見分けることもでき、初版は若干粗くバラバラで、再販は目打ちがクッキリと整っています。
この2点に注目して、初版なのか、再版なのかを判断するといいでしょう。

プレミアム切手5選

琉球大学開校記念切手
1951年に琉球大学の開校を記念して発行された切手です。この切手には、沖縄出身の洋画家である大城皓也氏のデザインが使われ、琉球大学本館と首里城のシルエットが描かれています。額面は3円で、買取相場は1000~1300円程度です。
植林記念切手
1951年に発行された切手です。この切手には琉球松と琉球の五偉人の一人である蔡温の名前が描かれています。そのため、この切手は別名「蔡温記念」とも呼ばれています。額面は3円で、買取価格は未使用・美品であれば、バラで1500円程度です。
琉球政府創立記念切手
1952年に発行された切手で、当時アメリカの統治下におかれていた沖縄が琉球政府になったことを記念して発行されました。この切手には、双葉、琉球半島、平和を象徴する鳩が描かれています。
こちらの切手は沖縄切手の中でも非常に価値が高く、美品であればバラ切手1枚2800円にもなります。
改訂加刷切手
1952年に発行された切手です。第二次普通切手50選の「唐しじ」に加刷を施したもので、第1版から第3版まであります。
額面は、10円、100円の2種類で、10円切手の場合は第3版が一番高額で、1200円程度、第1版・第2版も250円から800円程度で買取されます。100円切手に関しては、もっと高額で取引され、美品であれば1枚5万円程度になることもあります。
速達切手
沖縄切手の速達切手は1950年に発行されました。その切手にはタツノオトシゴと沖縄地図が描かれており、沖縄ならではのデザインです。額面は5円一種類で、買取価格はバラ1枚で760円程度、美品でなくても300~500円程度の値がつきます。

希少価値の高い沖縄切手は、切手買取専門店で査定を!
沖縄切手は、沖縄ならではのデザインが施されている切手が多く、コレクターの間でも人気です。

バラでも高価買取してもらえる切手がたくさんありますので、郵便局や金券ショップで換金する前に、切手買取り専門店で査定してもらいましょう。

無料査定を行っている買取店も多いですし、何と言っても切手の専門家が査定してくれるので安心です。

高価買取につながるかもしれないので、買取店での査定を依頼してみましょう。