おすすめ買取業者を見る

切手を売りたい方必見!
不要な切手を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

コレクター必須、オリンピック切手の価値と切手買取価格

           
2020年に東京でオリンピックが開催されることになり、プレミアム切手の発行も期待されます。オリンピック開催記念切手を手に入れられるチャンスはそう簡単に訪れないため、コレクターとしてはぜひゲットしておきたいものです。この記事では、過去に発行されたオリンピック切手の買取相場や絵柄について詳しくお伝えするとともに、すでに発売が決まっている東京オリンピック・パラリンピックの募金切手に関する最新情報もご紹介します。



○プレミアム性が高いオリンピック切手について



・オリンピック切手とは?

オリンピック切手とは、日本で開催されるオリンピックに合わせて発行がされる記念切手のことです。1964年の東京オリンピック、1972年の札幌オリンピック、1998年の長野オリンピックとすでに3回オリンピック切手が発行されています。特に1964年の発行当時は、切手収集ブームのさなかにあったことも影響して、切手を買い求める人が郵便局に長蛇の列を作りました。



オリンピック期間中は、スタンダードなオリンピック切手とは位置づけが異なりますが、メダリストの写真を使ったフレーム切手にも注目が集まります。平昌オリンピックでオリンピック連覇を達成した羽生選手の記念切手が入手困難となったことは、記憶に新しいところです。オリンピック開催前だけでなく、大会が終わった後の切手発行情報にも注目しましょう。



・1964年のオリンピック切手

1964年のオリンピック東京大会記念切手は、5円から50円まで5種類の切手が発行されました。バラ切手だけでなく、5種類の絵柄をセットにした切手シートも発売されています。発行部数が多かったため、額面と等価もしくは額面より少し安い値段で買い取られることがほとんどです。絵柄には日本武道館や駒沢体育館、聖火台や選手などがあります。また、オリンピック開催の3年前、1961年10月には募金切手も発行されました。1964年までに全6回、計20種類が発行され、オリンピック切手とともにコレクションしていた人も少なくないようです。



・オリンピック切手の買取相場

オリンピック切手の買取相場は、額面と同額程度が相場です。1972年の札幌オリンピック冬季大会記念切手、1998年の長野オリンピック冬季大会記念切手などもプレミアが付くわけではなく、一般的な切手同様の扱いとされています。買取相場は時期によっても変わってくるので、「売りたい」と思ったときに専門業者へ問い合わせてみましょう。消印がついたものでも一定の価値が認められるケースはあるので、聞いてみる価値はあります。



○オリンピック切手を買取してもらう場合の注意点



・消印のあるオリンピック切手

プレミアム切手や記念切手の中には、消印が押されることで価値が高まるものもあります。1964年には、聖火リレー記念や大会記念の特別な消印が使われました。場所でプレミアムが付く例としては、選手村の消印などが該当します。場所や時期を示す証拠になる消印は残した方が買取には有利です。



なお、消印付きか、未使用かでどれくらい評価額に差が出てくるかは切手や消印の種類によって異なります。安易な自己判断は避けて、専門業者の査定を受けるようにしましょう。



・プレミアム切手の価値がわかる買取業者の利用を

査定依頼を出す際には、プレミアム切手の買取実績豊富な専門業者を優先しましょう。切手の価値が分からない担当者の査定を受けても、相場に見合った適正な評価がされることは稀です。金券ショップやリサイクルショップの場合、切手に関する深い知識を持ったスタッフがいることは少なく、査定額も低くなりがちなので注意しましょう。高く買い取ってもらいたい場合は、切手買取専門業者に依頼するのが賢明です。



なお、切手買取専門業者に査定を依頼する方法は宅配・出張・持ち込みが選択できます。自宅の近くに切手買取専門業者がいない人でも査定を受ける方法はあるので、まずは依頼できそうな業者を探すことから始めてみてください。



○2020年東京オリンピック切手について



・寄付金付きオリンピック切手

2020年に向けて確定事項になっているのは「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(寄附金付)切手」の発行です。現在のところ、2019年3月12日が発売日とされています。



切手の発売に先駆けて、2018年10月1日から「東京 2020 大会(寄附金付)年賀はがき」の発行も始まりました。公式キャラクターを絵柄に採用した親しみやすい絵柄が注目を集めています。寄付金付き切手や年賀はがきの売上の一部はオリンピックの運営や準備に充てられ、国家的な行事を盛り上げるきっかけになるのではないでしょうか。



・寄付金付き以外も販売される可能性が高い

過去のオリンピックの例に倣えば、寄付金付き切手以外の種類も発売される見通しです。切手収集が国民的な趣味となっていた1964年と比較すれば発行部数が減ることは十分に考えられますが、何らかの記念切手は出てくるでしょう。将来的にプレミアム切手になる可能性は低いですが、一生に一度あるかないかのイベントですから、記念に購入してはいかがでしょうか。



・現在の東京オリンピック記念切手の価値

東京オリンピック記念切手の価値は、額面相当です。ただ、この先の動向は分からないのが切手の世界の奥深いところで、10年や20年経ってから値上がりする可能性も秘めています。ぜひ、傷まないように大切に保管しておきましょう。切手以外のオリンピック記念品と一緒にコレクションして、子や孫の代まで美術品として大切に受け継いでいってください。



・フレーム切手の販売もあるかも

フレーム切手とは、切手の裏側に写真を入れて、付加価値をプラスしたグッズのことです。直近では、大坂なおみ選手の全米オープンテニス初優勝記念の切手セットや羽生結弦選手のメモリアルフレーム切手セットなどが注目を集めました。東京オリンピックが終わった後は、メダリストの写真を入れた切手セットが発売される可能性があるので、コレクション対象として検討するのも良いでしょう。切手ホルダー、クリアファイルなど周辺グッズと一緒にセット販売されることも考えられます。



○まとめ

世界的な平和とスポーツの祭典が日本で開催されることは大変喜ばしいことです。オリンピック記念切手の発行スケジュールや買取価格なども徐々に明らかになってきているので、国内で開催されるイベントを盛り上げるためにも、記念切手の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

イチオシ!切手買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
     
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    buysell
    + 詳細を見る
     
  3. 買取プレミアム
    ★★★★
    + 詳細を見る